• 2015年 11月 13日

WITECH ワイテック 導入! クライスラー ダッジ 最新テスターですよ

009 013

遂にやって参りました、WITECH! ワイテックとは何者???(笑)

それはクライスラー、ダッジの最新テスターで御座います!!

流石、弊社整備スタッフは素晴らしいですね!職人で御座います!!

他にもテック2や各種テスター御座いますが、さらにWITECHも加わり

多種多様の車両をテスト、データ取得、書き換え、イモビライザー付のキーも作成などなど

完璧にこなせる体制で御座います。とても頼もしいですね!!

クライスラー、ダッジの2010年以降はこれがないと、、、なかなか整備も難しいのです!

アメリカとオンラインにて各種データのやり取り、最新版アップデートもOK

細部に渡るチェック項目で、イザ車両へ接続すると、、、あら、凄い!

車両のありとあらゆる所が全部丸見え!!正に丸裸状態!!!

もちろんメーター改ざん車なども、これを使えばコンピューターにデータが残っている限り

正しい走行距離もばっちり丸見え!!凄い!!

更に純正フォグランプ無の車両にフォグランプを付けても点灯しない???はて??何故?

そうなんです、最近の車両は全てコンピューター制御、このWITECHを使い設定変更しないと点灯しないのです、、、

昔の様に配線引き回し、スイッチ付けて、、、と言う時代は終わりなのでしょうかね、、、(笑)(汗)

とは言え、ビンテージカーなどは未だに職人の腕が整備完成度を左右しますので!!

弊社ではキャブ車から最新コンピュータ制御車まで、幅広く対応致します!

チェックランプ点灯など、お困りの方は是非ご相談下さいませ!!

 

 

  • 2015年 3月 6日

タイヤ交換の季節!TPMS センサーは大丈夫ですか?

010 001

そろそろ春らしくなって…?参りました(笑)…少し早いですが(笑)

積雪地域ではスタットレスタイヤから夏タイヤへの交換がはじまります!

いよいよ楽しいAカーライフの季節がやって参りますね!そんな中

折角素敵なホイルを装着したのに…何か変な警告灯が…なんだコリャ(苦笑)

タイヤプレッシャーモニターの警告です

003 004

最近はタイヤの空気圧を測定してモニターに表示してくれるプレッシャーセンサー付の車両が増えて参りました

センサー無のホイルを付けると…警告灯が…(汗)知らない方は少し驚いてしまいますね(苦笑)

空気圧が規定量装填されていれば問題は無いのですが、(そのままでもOKなんて方も多いです)

しかし折角の安全機能を使わないって手はないですよね(笑)

006 007

そこで登場のテスター!ホイル内のプレッシャーモニター君にここは右前ですよ~ここは左後ろですよ!

と言う具合にセンサーとモニターをマッチングさせる素晴らしい機能の持ち主(笑)

もちろん、ホイルにセンサーが付いている前提のお話で御座います、

センサーの無いホイルを装着の場合はセンサーを取り付ける必要が御座いますので

ご用命頂けましたら、センサーのご用意から装着まで作業可能で御座います!!

履き替え、ローテーション等で警告灯点灯の方も是非ご相談下さいませ!

 

  • 2015年 2月 24日

Jeep ラングラーアンリミテッド リフトアップです!

001 003

完全ノーマル!アンリミテッドをカッコよく仕上げて参ります!!

016 007 017 004

アメリカより到着致しましたプロコンプリフトKIT!今回は4インチアップで御座います

サクサクと純正パーツを取り外して行き、リフトKITパーツを組み込み!!

流石プロコンプ!バッチリ適合、スムーズにスイスイと組み上げで御座います

アメリカのパーツ、全てでは御座いませんが…基本用要加工がほとんど(苦笑)

ボルトオンOKと説明書きにあっても…切断、溶接、加工…ありなんて事は日常茶飯事(笑)

アメリカンなおおらかな気持ちで作業しないとストレスになりますので要注意(笑)

013 014

スミッティービルド社製のステンガーバンパー!攻撃的なパンチの効いたバンパー!

ウインチマウントも御座いますので本気仕様のウインチも装着可能ですよ!!

今回はバンパー交換のみですが、ウインチ取付もお任せ下さい!

008 002

リアバンパーはOR-FABのロックスライダータイプをチョイス!こちらもアメリカ直送品!

JKのパーツは選択肢が豊富!どれにしようか悩んじゃいますが(笑)

本気の完全武装も良し、全体のバランスで選ぶも良し!今回はフラットフエンダーの

ラインを考慮して、コレだ!と一発選択。決定致しました(笑)

018 019

ホイルはFUELをチョイス!タイヤはもちろんBFグッドリッチマッドテレーン!

いいですね~このコンビネーション、もっと攻めて本気クロカン仕様のマキシスやスワンパーも素敵ですが

今回はオンロード、オフロード共に気持ち良くをテーマに(笑)何のテーマ??(笑)

バランスとルックスを加味致しまして装着!17インチの肉厚パンパンタイヤが素敵!

オフセットの魔術師(弊社社長が自分で勝手に言っております(失笑))が

タイヤメーカーの違いによるハラみ具合まで計算したサイズチョイスにて取付!

時々…ハミ出して…いる時も…、OFF車は少しぐらい出た方がカッコイイと…?(笑)自己満足?

ご希望によりサジ加減可能です(笑)

003 004

オーバーフェンダーはフラットタイプをチョイス!ブッシュワーカーも考えましたが今回は

こちらを装着!メイドインJAPANのクオリティーが完成度を更にアップで御座います

このフェンダーはエッジのパイピングデザインが素敵で大のお気に入り(笑)

リアバンパーはこのデザインに合わせたと言う事です!素晴らしい!

005 001

今回の肝!と言うほどの事では御座いませんが(苦笑)

ウインチマウント付のバンパーはウインチが無いと…ちょっと寂しい…そんな時は純正のカバーを

チョキチョキとカット!あら(笑)意外とイイ感じに!お金が貯まったらウインチを付けましょう(笑)!

リフトKITに付属されるラテラルロッドの延長KIT、これは右ハンドル用と左ハンドル用が御座います

アメリカから左用を購入してしまいますと正規ディーラー車には装着出来ない…気を付けましょう(笑)!

006 007

背面タイヤ!これも装着ホイルと同じ物を付けてバッチリ決めたいですね!しかし

大きなサイズはハイマウントストップランプ見えなくなる…、大きすぎてバランスが悪い…なんて事が

装飾的な感覚で付けている方はサイズダウンを!スペアは応急と割り切ってですよ!

イヤイヤ、スペアタイヤ命!ジャングルで遭難したら困る(笑)!と言う方は背面取付KITも社外に交換

意外と重量御座いますので、重い大サイズにはヒンジがしっかりした社外KITを取り付けて

同じサイズのタイヤをチョイス!重量配分が後ろに、リアトラクション効果には良いかも??(笑)

そしてナンバーフレーム!リアバンパーを交換したら…あれ…?ナンバー付ける所が無い…(笑)

事前にUS仕様のナンバーリロケートKITを準備してナンバーを取付致しましょう!

ナンバーなんか要らないや…なんて…気持ちは解りますが(笑)しっかり装着ですよ~

004 011

晴れて完成致しましたラングラー アンリミテッド リフトアップ !

お気に入りの一台をお客様とご相談致しまして、制作も可能ですので

ライトカスタムから本気のスーパータフ仕様まで、ご相談下さいませ!!

 

 

  • 2014年 8月 22日

C-10 燃料タンク移設 !!

011 008

何時も弊社ご利用頂いて居ります神奈川県I様、

今回はC-10の4輪ディスクブレーキ変更&燃料タンク移設!!

010 015

この年式はなんとキャビン背面の室内にタンクが御座います(驚)

おかげで暑い日などはガソリン臭と共にドライブなんて(苦笑)

そこで今回はリア後方のベッド下へタンクを新設です!

005 007

ところが…ヒッチメンバーが鎮座…

先ずはこれを切断してスペースを確保で御座います

ポン付けなんて説明書きには御座いますが、そこはアメリカ(笑)

簡単には行きません、それが普通です(笑)

006 013

がっちりスペースを確保!タンク装着

012 009

配管を取り回し、給油口はなんとベッドの中に!

ビレットスタイルの給油口はなんだかレーシーな感じで素敵ですね!

014

最後のマフラー装着時…なんと今度はタンクに干渉…(まあ想定の範囲内ですが)(笑)

マフラーも取り廻し変更です、共にリアもディスクブレーキ変更の為

リアデフを降ろしてマウントステーを作成しなければいけないので

溶接作業へと移ります、一先ずタンクはOK、

続きましてブレーキ&溶接です!

 

  • 2014年 8月 22日

‘1963年 C-10 フロントブレーキ ディスク変更!

012 010

 

長野県のG様からご依頼頂きました、C10ブレーキ変更!

やはりドラムブレーキは制動が…ですので(苦笑)

思い切ってディスクブレーキへ変更で御座います!

001 004

アメリカから荷物が到着!ずっしり重い箱はブレーキKIT!

早速ストックのフロントドラムブレーキを取り払ってしまいます!

006 003

お次はパワーブースター装着!しかし純正のマスターは…可愛いぐらい小さくプアです(笑)

新しいブースター!見た目で効きそうですね!いやいや、実際ききますのでご安心下さい!

001 002

ジャジャーん!今回はスリット&ドリルドローターをチョイス!

効き目抜群でございますよ!

011 004

後はブレーキのエア抜き、調整、試運転をして、お渡しで御座います!

これで停止がスムーズ!走る、止まるの基本動作は大切ですね!

  • 2014年 7月 26日

インテリアパネル 転写加工!

001 003

‘09モデル キャデラック エスカレード インテリアのドアトリムを加工です!

006 008 010

折角パワーウインドウパネルはウッドカラーですが、ドアハンドルも同調に!

先ずは4つ、サクサクと外し、クロームのハンドルをばらして準備!

00004 d

あら!ほんのちょっとの加工で統一感が出てしまいますね!!!

a x

もちろん転写は業者様にお願いしての作業で御座いますが

仕上がりは最高!純正パネルの様なクオリティーに驚きです(笑)!

ウッド調や各種模様も可能で御座います!

カスタムご希望の方はお気軽にお問合せ下さいませ。

  • 2014年 7月 12日

リフトハマーH2 NEWホイル&タイヤ装着!

005 008

可愛いタイヤがこんな逞しいホイル&タイヤへと変更!

男らしいですね(笑)!!!

006 007 009

今回はBMFのホイルをチョイス!

タイヤはもちろんオープンカントリーMT!

バッチリ仕上がって素敵なH2の完成で御座います!

 

  • 2014年 7月 12日

ハマーH2 ランチョリフトアップKIT装着!

001 002 003

アメリカより重い荷物がどっさり到着致しましたよ!

ランチョ社製、リフトアップKIT装着で御座います!

ちょいあげとは違い、取付作業も…(汗)大変なんですよ(苦笑)

006 005 009

先ずはフロント廻り!サクサク、ガンガン分解

最後はフロントデフまで降ろして、組み上げ作業開始で御座います!

007 004 010

降ろしましたフロントデフ!結構重いのです(汗汗)

これをランチョKITのマウントへボルトオン!

012 014 013

そして躊躇いもなく、デフの純正マウントをカット!

この時点でノーマルには戻せなくなる感じですね(笑)

そしてデフが下がりますので干渉するマウントフレームも

カット!切断してからの、付属プレートを溶接!補強です!

015 016 018

そしてトーションキーを外しトーションバーを抜いちゃいまして!

トーションマウントメンバーもKITによりオフセット!

011 019 017

いよいよデフ装着!KIT付属ロングのスピンドルに変更をして

ドライブシャフト、ブレーキ、ローター、ショック等をくみ上げフロントが完成!

020 021 022

お次はリア!こちらもデフを降ろします!

リンクロッドも全て外し、KIT組み込み後、再度デフ装着!

023 024 026

エアサススペーサーを入れ、バンプストップ受けを付け、ショックを入れたら

リアも完成で御座います!

後はオーバーフェンダーを付けまして完成!

0003 0002 0001

ん?

タイヤが可愛い感じになっておりますね…(汗)

もちろんタイヤ、ホイルはアメリカへオーダー済み!

到着次第、組み込みして装着です!

 

 

  • 2014年 7月 2日

GM 5.7L 持病のインマニ水漏れ…

~99年までのGM車に多く積まれた 5.7L ボーテックエンジン

~95までのエンジンから格段に馬力、性能が上がり

とても良いエンジンで御座います…が~…(苦笑)

駄目なんですよね…インテークマニホールドガスケットからの水漏れ…

032 014

弊社でもどのぐらいのインマニガスケットを交換したのか…?と思うほど多くの修理をしております

弊社にて販売の車両は納車前の整備で全て交換してからお渡ししておりますので

それも合わせると…(苦笑)相当な台数になりますね…(笑)

今回ご依頼頂きましたY様の車両は‘99年型サバーバン

018 016

エンジン本体の外側へ漏れる場合は比較的皆さんお気付きになるのですが

内部に漏れている事もあり…冷却水が減るけど…漏れてない?…なんて事も

エンジンオイルが白濁している様でしたら、早急に対処が必要ですね!!

今回のエンジンは開けてみた所、動脈硬化状態…、目詰まりしそうな勢いですね…

022 027

綺麗にお掃除をしてあげてから、新しいガスケットを装着!

後は組み上げて完成で御座います!!

ザッくりした説明ですが、作業は大変です、作業はプロの整備士にお任せ下さい

ラジエターの水抜きドレンプラグが折れたり

インマニ上部のヒーターホースネックのカプラー式チャックなども

大体劣化して折れてしまうので…(汗)

同時交換をお勧めしております。

修理のご依頼ももちろんOK!お待ち致して居ります。

 

 

  • 2014年 6月 20日

wilwood ブレーキ装着 バラクーダ編!

神奈川県のI様よりご依頼頂きました

バラクーダ4輪ディスクブレーキへ変更!

001 002

今回はフロント6POT、リア4POTキャリパーと

ドリルドスリットローターのハイスペック仕様で御座います!

1 3 4 2

モパー系の車両は取付前に車両の仕様をよーく確認致しませんと…

アタッチメントに種類があったり、クリアランスの確認等々意外と選択肢が多く

要注意で御座います!

009 010

現状はフロントストックディスク、リアはドラムの仕様

200 100

古い箇所と新設される箇所、ぴったり行くはずは御座いません(苦笑)

各部調整、補修、加工、溶接などなど、難題をクリアしながら、ようやく完成!!

しっかり4輪ディスクに変更完了です!

後はサイドブレーキワイヤーが新設されますので

フロントまで廻し、加工を重ねながら作業進行!

300 003

装着完了!

性能はもちろんグレードUP

ホイルから覗くウィルウッドのキャリパーが

見た目もGOODで御座います!!!

ドラムブレーキ車で制動力に不安のある車両オーナー様

是非ディスクブレーキ変更、ご検討されてみては如何ですか!

お気軽にご相談下さいませ